忘れかけた愛を  尾崎紀世彦

こんにちは、ようこそお越しくださいました。

更新もしばらくぶりになります。

しかし、Yutubeの削除は残念ですね。

著作権とか必要だと思いますよ?

良くは分からないのですが、アーティストによっては(レコード会社?)少し大らかな方もいらっしゃって、多くの動画を観られる場合もあるんですよね。

「星女よ」は新たにupされているようなので、宜しかったら。

過去に放送された良い番組、だいたい放送されないじゃないですか?

最近でも音楽番組が放送されましたけど、尾崎さんは放送されませんでした。

悲しい限りです。

さて本題でございます。

尾崎紀世彦さん「忘れかけた愛を」

 

忘れかけた愛を (MEG-CD)

 

作詞 阿久悠  

作曲 川口真

1975年リリース

まさに昭和歌謡曲です。詞はシンプル。

でも詞がまたいいんですよ。20歳のときの自分に聴かせてあげたい(´;ω;`)

 

忘れかけた愛を もう一度思い出して

またひたむきに 愛する

人になってほしいのさ

心の扉 閉ざして

泣いていてはいけない

泣いていてはいけない

 

 

refrainとフィードアウトが上手く、メロディーとともに、

耳に残ります。

それにしてもあまりに尾崎紀世彦さんの評価が残念です。

「芸能界は嫌いの上に大がつくほど。歌う場所があるからいるだけ」と若い時は公言して、嫌な仕事は断ったそうです。

「飽きて歌いたくない時期もあった。だって他の歌い手さんは新しい歌が出るたび、違う歌歌えるのに、俺はいつも(また逢う日まで)を歌わされる」

余りに「また逢う日まで」が大きくて、そのイメージが付きまとう。

 

 

また逢う日まで?尾崎紀世彦セカンドアルバム

 

「ラバーズ・コンチェルト」もカヴァー曲ですが本家超えです。

クラッシックのメロディー。

歌詞は甘い甘い内容なのに、何故だろう。研ぎ澄まされる感覚というか、浄化されてる感覚さえおきる。

「汚い濁音で歌う人がいるでしょ。あれはいけない。日本語が汚くなるから。」

繊細でプロフェッショナル。

自身を「歌屋」と称しタキシードを「作業着」と言う。

今タキシードで舞台に立たれる方いますか?

 

 

伊東ゆかり尾崎紀世彦Ⅿedley」では本当に嬉しそうに歌われ、とろけるような笑顔です。ここで素敵なサプライズがありました。

なんと尾崎さんの「勝手にしやがれ」が聴けたのです。04・18~

上手いです。カッコいいです。

幸せな時間を過ごせました。動画をupして頂いた方に感謝です。

 

 

お読み頂きましてありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

星女よ


ラブ・ミー・トウナイト 尾崎紀世彦 UPC‐0236


☆ 星女よ ☆ 尾崎紀世彦

 

こんにちは

ようこそお越しくださいました。

最近音楽の記事ばかりになっていますが、なんなんでしょうか(〃艸〃)

 

沢田さんから阿久さん その流れで、昔の「レコード大賞」の授賞式はどんな感じなのかと知りたくなり、探したわけですがお宝発見です。

是非これは聴いてほしいと思いまして、記事にしています。

 

尾崎紀世彦さん、第13回日本レコード大賞受賞

尾崎紀世彦さんといえば「また逢う日まで」が印象深いですが、映画音楽やジャズなど歌われていました。

知りませんでした。

「Love Me Tonight]この曲を聴いていたら、涙が。。。。。

音楽を聴いて泣いたのは暫くなかったですね。

「星女よ」は秋田県南秋田郡大潟村のイメージソングです。

25年前に村人全世帯にカセットテープが贈られたみたいですよ。

この動画のコメントに尾崎紀世彦さんのファンの方と思われるコメントで、コンサートで何回も聴いていて、尾崎紀世彦さんもこの曲を大好きと話されていたそうです。

こんないい曲CD化されていないなんて。

またYoutubeはいつ削除された聴けなくなるかわかりません。

 

 

その前に1人でも多くの方に届くといいなと思います。

 

 

 

 

広告を非表示にする

売野雅勇「少女A」

こんにちは、久し振りの更新です。

ようこそお越しくださいました。

 

作詞家の売野氏がインタビューで「中森明菜さんの少女Aが、実は沢田研二さんのために原曲を書き下ろしていた」という記事を読み、更新の記事を書いています。

そんなことあるんですね。

最初の原曲は沢田さんがプールサイドから上目使いに見ている詞だったといいます。

しかしボツになった。

その後オファーがあり、じゃああのコンセプトを使おうと、男女を逆にして少女Àが出来上がった。

 

少女A

 

 

[少女A」は1982年7月2枚目のシングルとしてリリースされ大ヒットした。

明菜さんはこの年の新人賞を総なめとしました。

 

当時について「アイドルの人に書くのは初めてだったが、売れるとは思っていなかったし、そんなに書きたい訳じゃなかった」と振り返っています。

 

そんなに乗り気ではなかったのですね。

一方で明菜さんもレコーディングの時点ではあまり気に入らなかったみたいですね。

マネージャーが1回だけ歌ってとレコーディングしたようです。

16歳の女の子が歌うには抵抗があるフレーズがありますからね。

 

すべてを消化して、作品をつくりあげ明菜さんは挑んだ結果大ヒットとなりました。

売野氏が沢田さんにインスピレーションを受け、結果的には明菜さんの作品となったわけです。

前記事の「指輪のあとに」は是非明菜さんにカヴァーしてほしい作品でもあります。

 

 

 

広告を非表示にする

指輪のあとに


指輪のあとに ザ・ピーナッツ

こんにちは、ようこそお越しくださいました。

今日の一曲でございます。

ザ・ピーナッツ「指輪のあとに」

 

指輪のあとに (MEG-CD)      

作詞 安井かずみ

作曲 加瀬邦彦

 

youtubeで「あなたへのおすすめ」で初めて聴いて以来、最近よく聴いています。

ザ・ピーナッツといえば、「恋のフーガ」「情熱の花」が有名ですが、知らなかった曲にめぐりあい、(こういう曲もあったのか)とお宝を発見した気分です。

作詞が安井かずみさん

詞がごちゃごちゃしていない。

たぶん詞を書いて、余計なところは削ぎ落とす作業をするとこういった詞になるんでしょうか。

今の曲ってごちゃごちゃしてると思いません?

 

メロディーが一瞬で恋愛で悩んでいた自分を呼び戻す。

詞がその時を更に。

 

♪悲しみがうしろから

♪追いかけてこないうちに

 この言葉選び好きだな。

 

♪そしてよかったことだけ

♪わたしの過去にしまうの

著作権とかなかったら詞を全部読んでいただきたいのですが。。。。

 

詞の言葉の運びが本当に、安井かずみさんはきれいです。

 

お読みいただきまして、ありがとうございます。

 

 

指輪のあとに

指輪のあとに

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

One step one step

こんにちは ようこそお越しくださいました。

早いのか、長かったのか分かりませんが、一ヶ月が経ちました。

何を感じたのか

気持ちの変化を書いてみようと思います。

 

始めは楽しかった

一週間くらいは何せ初めてで、書いていて楽しく、誰かが読んでくれてると思うと少ない数字でも本当にありがたく、嬉しかった。

 

次第に数字をどうしても気にする

やはりどれだけの人に読まれてるんだろうか

数字が気になります。

気にするなというほうが無理です。

しかしながら、数字が全て

自分の実力を思い知らされた。

 

書いては削除

せっかく書いたのに公開してすぐ削除数回。

何回も訪問していただいてる方は削除を気付いていらっしゃるかもしれません。

 

それでももう少しだけ

7月の終わりには更新する気力もなくなりました。

辞める寸前までいきました。

でも、誰かが読んでくれてる数字をみたとき、更新がなきゃ限りなく0になるかと

思っていた数字が、更新がなくても読まれてると分かった時には吹っ切れた。

 

なんでもそうですが、自分が実際に体験して大変さが分かるわけです。

読むだけの立場だけから、書いてみて始めて書く大変さを感じました。

 

そんなこんなの一ヶ月でした。

読んでいただき有難うございました。

 

 

広告を非表示にする

阿久悠さん未発表曲 つんく♂さん作曲

こんにちは、暑い日が続きますね。

 

さて、8月26,27日の日本テレビ系「24時間テレビ40」で放送予定の

スペシャルドラマ「時代を作った男 阿久悠物語」で亀梨和也さんが主演を務める。

先月の(6/26)の制作会見では、ドラマの内容とともに、阿久悠さんが遺した未発表の詞の中の一篇に曲をつけ、武道館で披露する企画が発表されていた。

その詞に曲をつけるのがつんく♂さんと7/30発表された。

どんな詞なんだろう

どんな曲になるんだろう。

そして歌うのは誰なんだろう。

世に送り出した曲は約5000曲 レコード大賞を5回受賞だとか(このころのレコード大賞は威厳があった) 

アナログ レコード (Vinyl) 時計 / 12インチ LP / リプロダクト品

リスペクト 沢田研二さん


組曲 勝手にしやがれ_


ひちじを~

前にも少しふれましたが、50周年記念LIVE2017~2018始まりました。

スポーツ紙にも取り上げられていましたが、マツコさんが正論おっしゃっていました。

自信がないとできないでしょうし、何よりも歌うことが本当に好きなんだと思います。

「酒場でDABADA」阿久悠さんが書いた脚本を沢田研二さんが見事に演じてます。

何故私がこの曲好きなのか?主人公にあれこれと思いを巡らす曲なんです。

ここから妄想、勝手に解釈をお許しください。

男は30手前。

毎夜酒場で酒をあおる。人生に絶望している訳じゃないが、息苦しくてしかたないのだ。

親から敷かれたレールを歩くだけの人生を。

他人からみたら何不自由ない生活。俺からすりゃ、自分で人生決めたかった。

虚しさだけの毎日。だから7時には毎晩酒場にいる。

今日もこうして過ごすのさ。

人は俺に生き急いでるという。

でも俺にはゆっくりなんて考えられないんだよ。